幼児教育の本質とその方法

教育についての考え方は時代とともに変化し、各家庭によっても考え方は様々です。

近年、幼児教育の重要性が叫ばれていますが、それについても様々な考え方があります。今はまだ必要ないという考え方の方もおられるかもしれませんが、幼児は大人が思っている以上に日々ものすごいスピードでたくさんのことを吸収していきますので、幼児教育はやはり必要といえます。みなさんは教育ときくと机に向かって鉛筆を握るイメージがあるかもしれませんがそれは少し極端と言えます。幼児の一日はすべてが遊びであると言っても過言ではありませんから幼児教育というのは常に遊びとくっついたものである必要があります。

まず、なるべくいろいろなものに触れたり、たくさんの経験をさせることが基本です。そしてお子さんが興味を持ったことを大切にし、さらに深めていきます。例えば絵本を読んでいるなかで車が出てくると喜ぶようであれば図書館へ連れて行って他の車の本を見てみたり、外に出て実物を見せたり、エンジンを切った状態で運転席に座らせてあげたりするといいです。夕飯を作っている時にまとわりついてくるようであればお料理をしている様子を見せながら説明をしてあげたり、手を取って一緒にボウルを混ぜたりしてあげるのもいいです。

ポイントはお子さんをたくさん誉めてあげて大人がにこにこしていることです。お子さんは自分の大好きな人から誉められ喜んでもらえるとそれだけで嬉しくてとても楽しくなります。楽しみながら学んでいくということこそが教育の本質なのです。また、家の中よりも外のほうがあらゆるものに触れさせることができます。ちょっと散歩に行くだけでもいいし、土や石、植物なども積極的に触らせてあげましょう。けっして汚いからといって避けてはいけません。まだ小さいから無理、ではなく小さいからこそ意味があります。子どもたちに今できる限りの経験をさせてあげましょう。
1歳の幼児教室のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *