幼児教育のメリットについて

幼児教育とは、1歳から6歳までの就学前の子供が受ける教育のことです。

情操教育やしつけ、マナーなどを教えることで就学後の勉強などに良い影響を与えると考えられます。また、幼児期にはそれぞれに必要とする教育が決まっていると考えられています。例えば絶対音感もこの幼児期のうちに音楽を教えなければ身につかないとされています。幼児教育はこのように、必要な時期に必要な教育を行うことで、その後の勉強や芸術に関する吸収力が高まると考えられています。

また、早いうちに特定の勉強をスタートさせることによって、突出した才能を身につける可能性が高まります。これが幼児教育を行う大きな目的であり、メリットと言えます。けれどもこれは逆に、ある意味デメリットも併せ持つことを知っておくことが必要です。例えば音楽の才能を高めたいと幼児期から熱心に教育している場合、当然ながら他の勉強にかける時間が少なくなります。

つまり、教育に偏りが出るというわけです。そして結果的に求める才能を得られなかったとすると、本来身につけるべき他の能力を高めることができなくなってしまいます。幼児教育を行う場合には、あくまでも補助的な役割と考えて行うことが大切です。つまり、何歳の間にどんな教育を行えば、将来役に立つのかを把握したうえで、必要最低限の教育をするように心がけることです。子供が勉強に興味を持って、自ら学ぶ習慣を身に着ける程度の教育が必要というわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *