幼児教育の大切さについて

幼児教育とは、満一歳を過ぎてから小学校に上がるまでの子供に行う教育のことです。

この時期の子供は、目覚ましい成長をするので幼児教育が重要視されています。五感を使って体験する活動や遊びを通し、一人一人の才能を伸ばしたり心を豊かにすることを目的としています。他の人とかかわることでコミュニケーション能力を身につけ、好奇心や探求心を育てることで学習意欲を持たせたり病気やけがになりにくい健やかな体を作ったりということが教育の中で重視されます。幼稚園や保育園も幼児教育にあたり、集団で行動したり自然に触れたりして家庭とは違う体験をすることによって幼児の成長を促します。

子どもの年齢が低いほど、教えられたことや見たこと、聞いたこと感じたことを吸収しやすいため早い時期からたくさんの刺激を与えるのが大切だと言われています。幼児教育をする良い点は、いろいろなことが出来るようになることでやれば出来るという自信がつきます。その他にも、集団生活に慣れることで他人への興味が芽生え共感や思いやりを学ぶことが出来たり、周りと自分を比べることで競争し向上心を育てられます。

また、本格的な勉強が始まる小学校の前に椅子に座る、先生の話を聞くなどの基本的なことが出来るようになりスムーズに学校に通えるようになれます。幼児教育は堅苦しい感じがしますが、たくさん遊ぶことが大切で母親と遊ぶだけでも子供はいろんなことを学びます。いろいろな体験をさせるのも必要ですが、一番大切なのは子どもが楽し過ごせることです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *