置いたら泣く赤ちゃんの寝かせ方いろいろ

赤ちゃんはまだ生後数カ月は愛情の実感とともに子育ての大変な時期になります。

昼夜問わず赤ちゃんにつきっきりで、かつ家事や自分の用事などが出てきます。食事は一緒に済ませても、そんなにお母さん自体は食べていられないなど一旦寝かしつけるまでは一息つけませんが、その時はお母さんが同時に休む時間になります。お父さんが思っているほどお母さんの子育てと家事の両立は大変です。

さらに赤ちゃんは背中にかなり敏感な泣いてしまうポイントがあると言われており、抱っこをしていると安心して寝ているのに、その後はそっと布団に置いたら泣くという悪循環に悩まされます。置いたら泣くということに困り、どうすれば泣きやんで寝てくれるかということを探しますが、それにはいろいろな方法があります。まだ生後まもないのでどうしても泣いてしまうということから、お母さんがそばを離れる不安からということがあるので、そのままお母さんと添い寝をしてしまうと安心して、そのままうまく寝てくれるということがあります。

または同じように赤ちゃんを元々毛布やタオルのようなものでくるんで安心させておくと、そのままのくるまれた温かい安心感で寝てしまうという方法で、置いたら泣くということをとりあえずは乗り越えられます。またはお母さん以外の家族がかわりにみていると同じように不安から解放されて寝ていくなど、お母さんが少しでもその場から離れると泣いてしまう方や、同じ場にいれば大丈夫という方にわかれたりします。それぞれの赤ちゃんには決まった場所や条件にいたり、この状態におくとうまく寝てくれるなど、それぞれのポイントが見つかるまではとても大変な時期です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *