置いたら泣く赤ちゃん

やっとおとなしく寝てくれた赤ちゃん、そっとベッドに下ろしたのにその瞬間に泣かれる。

こういった体験をしたママも多いことでしょう。寝かしつけのたびにこうでは、ママのほうが泣きたくなってしまいますよね。赤ちゃんが置いたら泣く理由はそれぞれでしょうが、ちょっとした工夫で解決することもあるかもしれません。ベッドや布団に置いたら泣く赤ちゃんは、背中に泣き虫スイッチがあると考えましょう。このスイッチをなるべく刺激しないように身体を横たえるのがまずポイントです。

また、大人でも寝はじめはあお向けではなく横向けで寝る人も多いと思いますが、それは乳児でも当てはまります。丸めたタオルなどで身体を横向きになるよう支えながら置いてみてください。うつ伏せで寝かすのは窒息の危険がありますが、うつ伏せ寝を好む赤ちゃんもいます。布団や枕に適度な硬さがあり、顔がしっかり横を向いているのなら多少のうつ伏せ寝は大丈夫です。ただし時々姿勢を確認して口元が覆われていないか確かめてください。またママの匂いのついた服やタオルがあることで安心する赤ちゃんもいます。これも窒息に気をつけた上でそばに置いたり身体をくるんだりしましょう

。どの場合でも完全に寝入ったことを確認してから、そっとベッドや布団に置いてください。横たえた後もしばらくは腕をつけたままにして、その後ゆっくりと離していきます。腕を離してからも頭を軽くなでたり肩を軽くたたいて、側にいることを伝えると良いでしょう。それでも置いたら泣く場合には、ママも腕枕でしばらく付き合ってあげましょう。一緒に寝られる期間は意外と短いものです。育児中は大変なことでも、終わってみれば頑張った分だけ良い思い出となるかもしれませんよ。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *