布団に置いたら泣く赤ちゃんどうすれば?

抱っこしている間は、とてもスヤスヤと気持ちよく寝ているにもかかわらず、布団やベッドにおろしたとたん、火が付いたように大きな声で泣く赤ちゃんはとても多いものです。

お母さんがいくら静かにおろしても、すぐに目が覚めて気づいてしまい、そのまま布団に置いた状態にしておくと、どんどん声が大きくなって泣きやまないというケースもとても多いものです。そのため、お母さんは「どうしてうちの子はこんなに手がかかるのだろうか?私の子育ては何がいけないのだろうか?」と自分を責めてしまう場合があります。

では、布団に置いたら泣くのはどうしてなのでしょうか?一つの原因としては、お母さんの手元から離れることに不安を感じるということです。それで、お母さんは「赤ちゃんは自分のことを困らせようと思っているのではなく自分を頼っている」とか「赤ちゃんは自分のことが大好きなのだ」と自信を持つことによってストレスを軽減できます。とはいうものの、置いたら泣くからといってずっと抱っこしておくのは大変です。

それで、置いたら泣くのであれば、うでまくらをしてお母さんと赤ちゃんがぴったりと寄り添うように一緒に横になると良いでしょう。お母さんは毎日の育児で心も身体も疲れてしまいます。それで、少しの間でも一緒に横になって寝ると心も身体も回復して、楽しく子育てをすることができます。ぜひ、無理のないように工夫したりお父さんにも育児を協力してもらって子育てをしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *