赤ちゃんが泣きやむ方法

赤ちゃんはまだ言葉がしゃべれずに思っていることを上手く伝えることができません。

その為に泣いて伝えてくるのですが、こちらからしてみればなぜ泣いているのかがわからないのです。泣いている赤ちゃんには原因を一つ一つ探してみるしかありません。まずはオムツが汚れたり、汗をかいているなど不快を感じている。オムツのチェックや汗をかいていないかを確認して交換することで泣きやむことがあります。特にオムツは小まめに見ておくことをおすすめします。それから、お腹がすいているかどうかです。

特に離乳食を始めるとミルクの量を減らしがちですが、ミルクを欲しがるようなら飲ませてあげることで泣きやむことがあります。体重が気になるようであれば、体重計で測り記録を付けておきましょう。さらに重要なことが体調が悪い時です。体調が悪い時も泣くことがあります。食欲もあまりなく、泣いているようなら体調が悪い可能性があります。熱を測ったり、他にいつもと違う様子があれば病院に連れていきましょう。赤ちゃんは弱い存在です。

また眠たい時などもあります。顔を布団や体に押し付けてくることがあるので、寝かしつけてあげると泣きやむことがあります。またそれでも泣きやまない時は赤ちゃんが泣きやむアプリを活用してみたり、歌の動画をみたり上手に利用しましょう。じっと向き合っていると泣き方でなんとなく何が原因で泣いているのかわかってくることもあります。自分を追い詰めすぎないように、何か一つ自分へのご褒美としておやつを食べる、アロマを嗅ぐなど育児する側も休憩をしながら育てていきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *