ベビーシッターを頼むときの注意点

保育料の安さに引かれるかもしれませんが、それよりも信頼できるかどうかという視点でベビーシッターの情報を集めましょう。

情報収集は、市町村の情報収集や公益社団法人全国保育サービス協会に加盟しているリストなどを活用しましょう。子供をシッターに預ける前に、インターネットの情報をうのみにするのではなく直接シッターと面接をして、あずかるほうしん、心構えなど、話し合いをしてよく考えてからきめましょう。また、子供もそのベビーシッターにも会わせるようにし、子供との相性Gが良いかも確認したほうがいいです。

ベビーシッターが保育所や認定シッターの資格をもっている場合は保育所登録証や、認定ベビーシッター資格登録証の提示を求め確認してください。ベビーシッターの料金について、会社によって金額に差がありますが、だいたい、一時間あたり、2000から3000円前後です。早朝保育、夜間保育の場合だと500円から1000円ほどです。家事代行や家庭教師などオプションをつけるとその値段がかかります。

保育士、幼稚園教諭の免許を持っていると値段は大きく変わります。1回あたりの利用時間を2時間、2時間30分からと決めている所が多いようです。1時間だけというところは、ほとんどありません。夜間料金が17時、18時からになっているシッター会社もあるので帰宅時間を考えてサービスをえらんだほうがいいと思います。忘れてはいけないのはシッターさんの交通費です。シッターを依頼するときは交通費のことを確認しておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *